ホームページ制作の兵法

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームページ制作の兵法

マークアップエンジニアによるHTML,CSSなどサイト制作の基礎知識

サーバー、XAMPP、ルート、パスを理解してWEBサイト制作に活かそう!

サーバー、XAMPP、ルート、パスを理解してWEBサイト制作に活かそう!

XAMPPを使っていて、アパッチを通さずにファイルを読み込んでしまった。

もちろん、インクルードファイルは読み込めなかった。

そのためにサーバーなどの知識を学ぼうと思います。

 

インターネットを見るということ

アドレスの読み方

https://www.google.co.jp/

http:Hypertext Transfer Protocolの略でHTMLのルールで転送します!

 プロトコルはルールのことで、言語に置き換えて説明されます。

日本語を話す人と日本語を話す人は意思が伝わりますが、日本語を話す人と英語を話す人は意思が伝わりません。httpというルール(言語)のみ通じます、ということです。

sはパソコンとサーバ間の通信データを暗号化するSSL(Secure Sockets Layer)のことです。

www.:Word Wide Web 世界に広がる蜘蛛の巣

google.co.jp:ドメイン名と呼び、インターネット上の表札のようなものです。

 

自分の使っているPCとサーバーの違い

apache(アパッチ)などのサーバーソフトがインストールされ、起動中である

 

サーバーはユーザーからの要求を受けて何か処理を行うパソコンです。

WEBサーバーはApacheがインストールされたPCを使います。

Apacheは、そのOSの上でInternetExplorerやGoogleChromeなどのブラウザと呼ばれるアプリケーションからアクセスを受けた時にHTMLファイルを返すための応用ソフトのこと

PCとサーバーに垣根はありません。

 

XAMPPを使って自分のPCのファイル(PHPが使われている)を見るために

・アパッチを起動すること

・ブラウザのアドレスバーに「localhost:ポート番号」を入力する

又は、「127.0.0.1:ポート番号」「自分のPCのIPアドレス:ポート番号」でもOK

・XAMPPのアパッチを切る、又はインターネットの接続が切れる→サーバーが落ちる

・アドレスバーに「file:///C:/Users/・・・」表示の場合、アパッチを通さずにファイルを開いているため、PHPが動かない。

 

PC →【要求】→ サーバー(アパッチが処理)→【返事】→ PC

 

通常、ルートのindex.htmlは1つのため、複数の開発環境を作りたい場合はバーチャルホストでルートを増やすことで対応する。

 

インターネットを見るためには「ドメイン」か「IPアドレス」を入力する必要がある。

WEBサイトを公開前はIPアドレスで環境を作り、公開直前にドメインを取得することがある。

 

ポートはマンションの郵便ポストのようなもの

ユーザーの要求はIPアドレス(住所)のポート(郵便ポスト)に入る。

ポストを常に監視しているサーバーが、ポストの要求を見つけて受け取る。

サーバーは受け取った要求に対して、ユーザーに返事をする

これがWEBサイトを見るということです。

 

サーバーのファイルをブラウザで見ることと、エクスプローラーで開くことの違い

ブラウザで見る

更にルールにしたがって整えて、ファイルの中身を送ってもらう。

エクスプローラーで見る

ファイル操作、ファイルの一覧表示、名前の変更などが出来る

 

ポートは常に開いたままのポートと、要求のあったときだけ開くポートがあります。

WEBサーバーのポートは常に開放されていますが(閉じるとサイトが見られなくなるため)、FTPなどのポートは常に閉じています。

メールサーバー、SSHのポートは常に開いています。

 

パスとは:シェルがコマンド実行ファイルを探しに行く道筋

 

パスの種類

絶対パス:URLでページを指定。最上位階層からの道筋。

相対パス:現在地からの道筋。

ルートパス:1番上のディレクトリ(フォルダ)からの道筋。

 

絶対パス

用途:外部サイトへのリンクを自分のサイトに記載したい場合

デメリット:ドメイン変更やローカル環境に対応が難しく、文字が長い。

 

相対パス

用途:一般的なWebサイト開発

メリット:ドメイン変更やローカル環境に対応可能

デメリット:インクルードファイルがコピペできない

 

ルートパス

用途:大規模案件の開発

メリット:インクルードファイルのパスがコピペでOK

デメリット:書く文字数が相対パスよりも長くなる